パソコンで履歴書を作成すると簡単に作ったと思われてしまう?

資格・仕事

rirekisyo

履歴書ではパソコンで製作した物と手書きの2種類があります。
手書きの場合は字が上手いと好印象だったり、字の綺麗さから相手を読み取る判断材料にもなっています。
しかし綺麗な人であれば、良いですが、汚いとマイナス面しかありません。

逆にパソコンの場合は字が綺麗になるのは当然のため、書くのが面倒だから、簡単に作りましたと思われてしまいます。
しかし、そんなパソコン出力の履歴書でも、フォームを自分で一から作るという方法を見ました。
その人は市販の履歴書を購入し、それを見て枠などのフォームを自分で作成して、採用されたと言っていました。

私もそれを見て、こんな方法があると思ったと同時に正確に作った場合は市販かどうかというのは判断できないと思いました。
何故なら、市販でも枠の正確な形を覚えている人は少ない上に、最後は同じ形になっているためです。
唯一違うのは紙の素材だけになっているので、そこまで判断するのは難しいのではと思ってしまいます。

枠意外にも、オリジナルの項目を作ってアピールするというのもできると思います。
私も、挑戦しようと思いましたが、このような考えがあり、一から作る必要性を感じませんでした。
字が汚いので、手書きよりかはパソコン出力の方が良いです。

外壁塗装の流れと手順の決め方。

住まい・家庭

reform

工事は段取りを正しく決めて今後の計画を立て、安心して暮らせるように内容を確かめて決める方法が望ましいです。
同じ物件を長く使うと外壁の色落ちや壁の強度が弱くなるため、安心して暮らせるように対策を考える必要があります。
業者を探す時は複数の業者の見積を比較し、かかる費用や内容を確かめて決めることが大事です。
外壁を塗装する時は雨水などで色落ちをしないように、施工の方法を確かめ、周囲からの見栄えを良くする方法を探すと効果が高いです。
Continue reading

博多駅前の道路陥没事故の修復。

ニュース

hakata

九州の玄関口と言われる博多駅前で、驚くほど大きな陥没事故がありましたね。
私も博多駅には行ったことがありますし、陥没した通りも通ったことがあります。
九州最大の博多駅は商業ビルが林立しており、最近もKITTE博多がNEWオープンしたばかりです。

そんな博多駅と、アジア圏からの観光客が毎日のように押し寄せるキャナルシティとを結ぶメインの通りが陥没したんですから、連日全国ネットのテレビニュースで取り上げられていて当然ですよね。

クリスマスになるとあの通りはイルミネーションも施されるので、物凄い急ピッチで現状復帰作業が行われているようです。
11月の14日月曜日には道路が通れるようになるらしいですから、陥没してから1週間経ってないんじゃないですか。

早すぎて私は不安になってしまいますが、毎年の人口が順調に増えている巨大観光都市福岡の財力をもってすれば当然なのかもしれませんね。
土木関係者に臨時収入が入ったと思えば、まあ良かったのかな?

今までも同様の事故が起こっていてなぜ繰り返すのかと批判する方もいらっしゃいます。
しかし事故が起きた時の対応の早さを見ると、防ぐことが難しい事故であり、起こった時の対応が作業する方たちに浸透しているので、問題ないのでは?と素人の私は思います。
何はともあれ、怪我人が出なくて良かったですね。

子供のお弁当作りは本当に大変。

子供・育児

bento

幼稚園の子供用に毎日お弁当を作っているのですが、なかなか子供が食べてくれる事も無くていつもそのまま幼稚園から帰って来るので心配しています。
丁度心配をしている時に、幼稚園の先生からお弁当を幼稚園で全く食べようとしないので、お弁当の量が多いのかもと言われて、お弁当の量を今の半分の量に減らすように言われました。
でも本当に半分の量にしてしまうとお弁当がスカスカ状態になってしまうし、お弁当の蓋を開けた時も物凄く寂しい感じがすると思うので、それは出来ないかもと思っているのですが、幼稚園の先生は量を減らして食べる事が出来るかどうか試してみたいようでした。

なので私も量を減らしては見たのですが、結局同じみたいで食べてくれないまま帰って来ました。
お弁当の量とかではなくてただうちの子は家以外のところで食事をするのに慣れていない、ただそれだけのように感じました。

でもそれは幼稚園の先生にしては滅多に無い事らしいので、どうしても無理やりにでも食べさせないといけない感じらしく、結局幼稚園でも先生にお弁当の中身を何個か無理やり食べさされて帰って来て来る事も有りました。

それからは子供もちょっとお弁当の時間が嫌になったみたいで意地になってしまってなかなかお弁当を食べてくれない感じになってしまったので、本当にそれからはお弁当作りも苦痛になってしまいました。
でも子供が自宅以外でお弁当が食べれるようになるまで、私はそっと見守ってあげたいな、そう思っています。