横浜市の大倉山にあるロイヤルホストのすき焼きを使った魅力的なメニュー

横浜市の大倉山にあるロイヤルホストのすき焼きを使った魅力的なメニュー

店名:ロイヤルホスト大倉山店
住所:神奈川県横浜市港北区大豆戸町13-1
電話:045-543-7108

神奈川県横浜市の大倉山にあるロイヤルホストでは、黒毛和牛のすき焼き丼というメニューを食べることができます。
このメニューに関しては、全体的には定食のような感じになっていて、丼の他にもみそ汁、サラダ、漬物などがついています。

ただ、主役となるのはやはりこのすき焼き丼であり、ご飯の上にすき焼きが乗っている結構珍しいメニューです。
すき焼きといってもほとんどは肉ですけど、通常の牛丼よりも贅沢に見えてきます。

しかも使われている肉は黒毛和牛となっているため、その分肉自体の旨味が非常に感じられて、このメニューならではの魅力を実感できます。
すき焼きならではの味も肉からは感じられますし、そういう意味では満足感は非常に大きかったと言えます。

1780円と値段はそれなりに高いので、注文しづらい面も存在していますけど、味に関しては抜群ではないか?と思うので、多くの人たちにおすすめしたいです。
こういったメニュー自体、他のお店ではなかなか食べる機会がないと思うので、ロイヤルホストでは黒毛和牛のすき焼き丼はぜひ覚えておいてほしいと思います。

低糖質専門店 Koa BAKE(コアベイク)、藤井寺で罪悪感ゼロで美味しいものを食べる!

糖質制限中でも罪悪感ゼロで「がまん」せず、美味しいものを!
Koa BAKEは、こんなテーマでお店をオープンされました。

ご家族が糖尿病と診断されたことをきっかけに糖質制限に取り組まれたとのこと。
実経験をもとにレシピを開発された女性の店長さんがお一人でやられているお店です。

Koa BAKE一番のおすすめはクラウドブレットと言った低糖質パンで作られたクラウドブレッドサンドです。
お味はBLTとバジルチキンの2種類で、どちらも650円(税抜き)です。
しっかりしたボリュームなのに糖質はなんと3gとかなりの低糖質を実現されております。

Koa BAKEはスイーツもかなり充実しており、チーズケーキ600円(税抜き)、シュフォンケーキ420円(税抜き)、プリン500円(税抜き)、まだまだ他にもご準備されていますが、どれも糖質5g以下です。
この美味しさで低糖質なんて、まさに罪悪感ゼロ、ギルティーフリーの美味しさです!

女性店長さん、お一人でお店を切り盛りされているので少し待ち時間がある場合もありますが、店長さんのお人柄が良く気持ちよくお店を利用できます。
Koa BAKE、是非行かれてみてくださいね。

店名:低糖質専門店 Koa BAKE(コア ベイク)
住所:大阪府藤井寺市岡2-12-10 2F
電話:072‐959‐3007

カフェアンドキッチン カルティコ、荻窪にある魚介類が美味しいカフェ

店名:CAFE&KITCHEN CULTiCO カフェアンドキッチン カルティコ
住所:東京都杉並区上荻1-12-6 PLOW & CO. 1・2F
電話:03-3398-0203

JR中央線・東京メトロ丸ノ内線の通る「荻窪駅」から4分ほど歩いたエリアにある「カフェアンドキッチン カルティコ」。
魚介類が美味しいイタリアンレストランです。

カルティコの一番の特徴は、地元の魚屋さんである「魚耕」グループの店舗であること。
毎日魚屋さんから食材が届くので、新鮮な旬の魚介類を使った料理が楽しめるんです。

「カフェアンドキッチン カルティコ」のおすすめ料理は、「アクアパッツァ」です。
その日一番おすすめの魚で作ってくれるので、行く度に違った味が楽しめます。
他にも、焼き立てのピッツァや「生ヤリイカのフリット」がおすすめです。

カルティコ店内は、大きな窓とオープンキッチンが印象的な広々とした空間。
ソファーの席からカウンターの席まで、様々な席があり、きっと気に入った空間が見つかるはずです。

店内中央のらせん階段を上ったさきには、ロフトのような2階があり、ちょっとしたパーティにも使えます。
店員さんもフレンドリーで、おすすめ料理やお酒の紹介をしてくれます。

皆さんもぜひ、「カフェアンドキッチン カルティコ」で美味しい魚介イタリアン料理を楽しんでみてください。

森のレストラン 赤ずきん、宮崎市新別府町前浜にある老舗の洋食店

宮崎生まれの洋食を頂きたいのなら、風味豊かな南蛮酢がウリになっているチキン南蛮のお店「赤ずきん」がおすすめです。
なんと言っても甘酢に漬ける若鶏のもも肉は一人前180gもあり、大判のチキン南蛮は多くの方々からオーダーされるお店一押しのメニューです。

南蛮酢は、シナモンやナツメグなど、香り豊かであり、鶏独特のニオイを取り除いてくれる調合がポイントになっています。
赤ずきん店主いわく、醤油を煮詰めてコクを出し、酢やスパイスを加えて、生姜やレモンの香りをまとわせた自家製であるため、病みつきになる味なのだそうです。

もちろん、たっぷりかかるマヨネーズも手づくりで、地元のお子様からご年配の方々にも太鼓判を押されています。
ライス付で1000円台で頂けるランチメニューには、チキン南蛮とハンバーグ(1420円)やお店の名前がついた赤ずきんスペシャルもあります。

赤ずきんは、創業昭和52年となり、老舗の名に相応しい接客にも定評がありますし、どこか懐かしい雰囲気を漂わす店内では、ホールスタッフが目配せしてくれています。
ランチとディナーの間には、仕込みの時間が設けられているので、混み合う時間を避けて来店するのがよいでしょう。

店名:森のレストラン 赤ずきん
住所:宮崎県宮崎市新別府町前浜1401-194
電話:0985-22-7707

ビタースイーツ・ビュッフェルミネエスト新宿店でおなかいっぱいスイーツを食べよう

新宿駅に直結しているため徒歩ですぐ、美味しいスイーツの食べ放題ビタースイーツ・ビュッフェ ルミネエスト新宿店をご紹介したいと思います。

店名:ビタースイーツ・ビュッフェ ルミネエスト新宿店
住所:東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿店8F
電話:050-5596-7228

ビタースイーツ・ビュッフェの最大の魅力は美味しいスイーツがランチで2200円、ディナーで2600円から食べられるというところです。

スイーツと名前にあるように、ケーキやチョコフォンデュなどがおいしいのはもちろんですが、パスタやピザなどの種類も豊富で美味しいです。
ステーキの食べ放題もあり、焼いて机まで持ってきてくれるサービスもあります。

また、ワッフルなどもビタースイーツ・ビュッフェの店員さんに注文すると目の前で焼き上げてくれるのでワクワクさも満点です。
食べ物全てが充実していておなかいっぱいになるまで楽しい時間を過ごせると思います。

また、ビタースイーツ・ビュッフェ店内は落ち着いた雰囲気でオシャレな感じです。
店員さんとはあまり関わる機会はありませんが、ワッフルを焼いてもらったりステーキのを焼いてもらう時にかっこいい姿が見れたので良かったです。

ビタースイーツ・ビュッフェは学生から大人まで行ける料金なうえ、満足するまで美味しいスイーツが食べられるビタースイーツにぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

5 MINUTES MEATS、芦屋らしさを堪能できるカフェ

兵庫県芦屋市は、おしゃれなパティスリーやベーカリーが軒を競い合う街です。

隠れ家にしたくなるようなお店が色々ある中から厳選して紹介したいのが、デリカ&サンドイッチカフェの5 MINUTES MEATS(ファイブミニッツミーツ)です。
新快速の停車駅でもあるJR神戸線の芦屋駅北口から徒歩約2分の便利な立地にあります。

5 MINUTES MEATSを度々利用するようになったのは、ボリューミーでSNS映えも抜群の美味しいサンドイッチに魅了されたからです。
神戸牛や神戸ポーク、淡路産玉ねぎといった兵庫県産の食材を使ったサンドイッチが多いのが特長のひとつで、地元食材の美味しさを再発見することができました。

パンを使ったサンドイッチのほか、ライスバーガーもあります。
「神戸牛カルビのライスバーガー」は食べ応えがあり、がっつりお肉を食べたい気分の時にぴったりです。

5 MINUTES MEATSはスイーツ系の華やかなサンドイッチもおすすめです。
イチゴやキウイフルーツなど様々な果物とホイップを挟んだ「まるでケーキなフルーツサンド」は、本当にケーキのような見た目&甘さで大満足の美味しさでした。

ワンハンドで食べられるおしゃれなサンドイッチは、手土産にも喜ばれると思いますよ。

店名:5 MINUTES MEATS(ファイブミニッツミーツ)
住所:〒659-0093 芦屋市船戸町1-25アルパ芦屋1号棟111
電話:tel:0797-61-6788

横浜市の大倉山にあるロイヤルホストの蟹、コーン、マヨネーズが特徴のピザ

店名:ロイヤルホスト大倉山店
住所:神奈川県横浜市港北区大豆戸町13-1
電話:045-543-7108

神奈川県横浜市の大倉山にあるロイヤルホストでは、蟹マヨコーンのピザをおすすめしたいと思います。

これはピザのメニューになっており、ロイヤルホストではあまりイメージがないかもしれないですけど、味は非常にいいです。
何よりも蟹が入っているので、その部分において非常に豪華なイメージがあります。

それ以外にもコーンとマヨネーズが味の特徴となっていて、ピザのトッピングとしては好きな人が多いだろうと思います。
また、ロイヤルホストの蟹マヨコーンのピザに関しては、生地が非常にふっくらとしているイメージです。

だから、実物を見ると厚さを感じやすく、思った以上にボリュームがあるメニューだという印象になりやすいです。
値段は680円という状況ですから、コスパという部分においても優れていると評価できると思います。

ファミレスのピザというのは割と高評価を得ているものが多いように感じるのですが、このロイヤルホストの蟹マヨコーンのピザに関しても高い評価を与えて良いと思うのです。
特に蟹が好きな人、マヨネーズが好きな人などにおすすめできると感じています。