豊中市蛍池にあらたな麺客!あっさりおすすめ「吉岡マグロ節センター」。

麺類

おいしいラーメン屋には欠かない豊中市蛍池エリアに先日新しく爆誕した魚介系ラーメン店、吉岡マグロ節センター。
その特徴的な店名どおり、ここの売りはマグロ節を使ったあっさり系ラーメン。

吉岡マグロ節センターおすすめはやはりマグロ節中華そば(濃いめ)800円!
あっさりといいつつもしょうゆベースにしっかりと濃いマグロ節が効いており深いコクのある味わいを楽しむことができる。

また、吉岡マグロ節センターでは大盛が無料で注文でき、天かすや大きめの海苔といったまるで尾道ラーメンを想像させるようなビジュアルは我々の心の中にあるラーメンのイメージの完成形のようにすら思えます。
また、残ったスープに入れて食べるためのだいぶ飯というメニューが用意されており、こちらも学生さんは無料という大盤振る舞い。
なんと親切な店でしょう。
ちなみに学生さんには煮干し混ぜそばが人気なようで、こちらは煮干し酢をかけて好みに濃い出汁の味を調節できる通好み(?)のメニューとなっています。

吉岡マグロ節センター店内は若く印象の良い店員さんばかりで接客は文句のつけようがありません。
店を出た後も店外に出てきて見送ってくれるなんて店ほかにあるでしょうか。

雰囲気おしゃれな木造で荷物置き場も棚にかごと充実しており、吉岡マグロ節センターはとても過ごしやすい環境となっています。
また、材料をあぶる香ばしい香りが店内を包み込み、食欲が常にわいて出てくる状態になっている最高の空間です。

店名:吉岡マグロ節センター
住所:大阪府豊中市蛍池東町2-3-24
電話:06-6845-3232

名古屋市中区、わらじとんかつの「矢場とん 矢場町本店」。

飲食店

矢場とん最寄りは地下鉄の名城線「矢場町駅」で4番出口から徒歩5分、鶴舞線「上前津駅」からだと9番出口から徒歩5分と名古屋の中心街にあり、買い物帰りや遊んだついでに寄れて立地は抜群。
車でも名古屋高速2号東山線の白川出口からすぐのところにあり、駐車場も少し狭いですが建物の横に10台ほど併設されています。
外壁に豚のマスコットキャラの絵が描いてある、特徴的な外観なので、矢場とんが初めての人でもすぐ分かると思います。

開業1947年と70年近くの実績がある、愛知を代表する味噌カツ店として有名で雑誌やTVで取り上げられることもしばしば。
矢場とんオススメのメニューは「わらじとんかつ」で、通常のロースとんかつのほぼ倍の大きさのボリュームで、タレもソースタレと甘い味噌ダレの2つが半々にかかっているので両方の味を楽しめます。

また定食の場合はご飯のおかわりが無料なので大食いの人にもオススメです。
かなり人気なので昼も夜もお客さんでいっぱいなのですが、矢場とんは席数が135席もあるので回転も早くほとんど並ばずに入れますし、スタッフの方もみんなキビキビとしているので、料理もあまり待たずに運んできてくれました。
価格は単品で800円と安く、定食にしても1200円で食べれます。

店名:矢場とん 矢場町本店
住所:愛知県名古屋市中区大須 3-6-18
電話:052-252-8810

名古屋市中区栄、ラシック内にある「鯛めし八十八商店」。

飲食店

鯛めし八十八商店は、名古屋市の都心部、栄駅から徒歩3分にある大型商業施設、ラシックの飲食店街にあります。
土日祝日は買い物客でにぎわっているので、待ち時間が発生します。
ランチもディナーも1590円~で、ご飯がお代わり自由となります。

真鯛をあらだしと昆布だし、塩だけで炊き上げる「土鍋炊き鯛めし」と愛媛の漁師料理である鯛のお刺身にだし汁や黄卵が入っているぶっかけ風の「宇和島鯛めし」が鯛めし八十八商店の看板メニューで、それに唐揚げや天ぷらなどが付いたセットになります。
個人的には宇和島鯛めしがとても好きです。

お刺身の鯛は新鮮で、プリプリした歯応えで沢山入っています。
そしてぶっかけ風のだし汁がとても美味しくて、だし汁と熱々のご飯だけでも十分満足いくほどの美味しさです。
鯛めし八十八商店では、白ご飯がお代わり自由なので、ついつい沢山食べてしまいます。
それでもあっさりしていてヘルシーです。

混んでいてもお店の人はご飯のお代わりの量を聞いてくれてすぐに持ってきてくれます。
お店は7階の角で、鯛めし八十八商店の店内には大きなガラス張りで外の眺めが非常に良いです。

日中は近くのセントラルパークが見えて、緑があり綺麗です。
夜は外のイルミネーションが綺麗に見えます。
鯛めし八十八商店の店内も広々としていて隣との間も広いので子供連れでも安心できます。

店名:鯛めし八十八商店
住所:愛知県名古屋市中区栄3-6-1 ラシック7階
電話:052-259-6106

杉並区、長浜屋台名物!博多ラーメン「ばりこて 東高円寺」。

麺類

福岡出身としては、そう簡単に都内のとんこつラーメンを美味しいとは言えません。
都内に進出している福岡のラーメン屋さんに出向いても裏切られ・・・エセとんこつラーメンしかないのだと思っていましたが、違いました。

東高円寺にある、ばりこてさん。
中央線中野駅より徒歩15分、ただの住宅地の方にてくてく徒歩15分、途中で道があっているのか不安になります。
その分、ばりこてを見つけた時の感動ときたら・・・
ちなみに都立家政、高田馬場にもお店があるそうで、そちらの店舗も変わらず美味しいようです。

ばりこて店内に入って、まずその匂いにも感動します。
比較的小さいお店で、カウンターのみ8席ぐらい。
カップルのお客さんもいましたが、ほぼ男性一人のお客さんが多かったです。

みなさんまず、鶏皮ポン酢とビールをオーダーされていました。
ばりこてのメニューはラーメン、一口餃子の他にがめ煮や明太子などの一品おつまみも少しありました。
本格的な細麺、きちんとバリカタに茹でて下さり、見た目よりさっぱりしているがコクのあるとんこつラーメン。

一口餃子もまさに博多の一口餃子で、とても美味しかったです。
福岡を味わいたくなったら迷わず、ばりこてです。

店名:博多ラーメンばりこて 東高円寺店
住所:杉並区高円寺南1-30-15
電話:03-5378-0326

愛知県大府市、つけ麺が美味しいお店、「麺の坊 晴レル屋」。

麺類

晴レル屋は、JR大府駅より徒歩5分にあり、駐車場も広くて車でも行きやすい場所にあるお店です。
大通りに面しているお店で迷わず行けます。

晴レル屋では、1000円程の予算で食べることができます。
カウンター10席しかないのですが、回転率が良いです。
人気の為冬場は並ぶこともありますが、並ぶところも寒さ対策をされています。

人気店で美味しくて有名だったので、晴レル屋はお客さんが多く、真冬の寒い時期でも並んでいた為、お店を少し改装して待合室が作られました。
ストーブが置かれていて吹きさらしにならないよう、駅の待合室のようになっています。
ひざ掛けも用意してくれていて待っている間も暖かく良心的です。

晴レル屋のつけ麺は器が分厚くて保温性があるので、最後まで暖かく食べることができます。
麺もモチモチとしていてこだわりの卵麺です。
そしてつけ汁を最後に雑炊として食べることができます。

その時、たいていのお店は自分でつけ汁にご飯を入れて食べるので冷めていて冷たくなっていることが多いです。
しかし、晴レル屋は店員さんが熱々ご飯を入れて熱々のだし汁を追加して刻みネギとノリをもってくれるので、最後の雑炊も一つのメニューとして楽しむことができます。
ラーメン屋さんは独特な少し乱雑な雰囲気のお店が多いですが、ここのお店は清潔感があり、綺麗ので女性客やカップルも多いです。

店名:麺の坊 晴レル屋
住所:愛知県大府市月見町1-29-7
電話:0562-47-5432

香川県高松市、「手打ちうどん源内」のカレーうどんは絶品!

麺類

手打ちうどん源内は、香川県さぬき市に本店があるうどん屋さんの高松店です。
かしわうどんや鍋焼きうどん、おでんもおすすめなのですが、一番のおすすめは「カレーうどん」です。

お値段は900円なので香川県のうどんにしては高めですが、源内はセルフサービスのうどん店ではないですし、ボリュームもあるので納得のお値段だと思います。
ルーは辛目ですが、いりこの効いた出汁とブレンドされているので、風味が豊かです。

具材は肉うどんにも使われる牛肉(味がついていて柔らかいお肉)、かまぼこ、小ねぎ、たまねぎ、油揚げで、普通のカレーに入ってそうなじゃがいもやにんじんは入っていません。
カレーはサラサラタイプではなく、麺によく絡むようなドロドロタイプです。

辛いのが苦手な方は注文の際に辛さを控えめにしてもらう旨を伝えましょう。
夏の暑い日でも汗をかきながらカレーうどんをすすっているお客さんも多いです。

手打ちうどん源内は繁盛店なので、昼時は満席ですが、13時をすぎると比較的空いています。
店員さんはよく声を出していて愛想も良いので、手打ちうどん源内の店全体に活気があります。
座敷もあるので子供連れも安心です。

店名:手打ちうどん源内 高松店
住所:香川県高松市郷東町12-16
電話:087-882-7080

八千代市勝田台、「ロスアンジェルス」のふわふわオムライス!

洋食

ロスアンジェルスは洋食屋さんで、車でしか行きにくいお店なのですが、超人気店でいつも長蛇の列ができています。
その理由はシンプル、安くて美味い!

ロスアンジェルスのお勧めは、なんといっても、きのこのはいったオリジナルデミソースのオムライス(ランチセット1,058円)です。
こちらのオムライスはかなり大きいので、お腹を減らして行った方がいいでしょう。
卵は贅沢に使われいて、ふわふわとろとろ!
こんなにお卵がトロトロとするものなのか、と感動してしまいました。

それに野菜とキノコで煮込まれた、デミグラスソースがたっぷりとかかっており、その上に生クリームがかかっているのが良かったです。
これにサラダ、ドリンクがつくランチセットが、この価格は良心的ではないかなと思いました。

また、ランチですと410円でミニキノコスープもつけられます。
こちらはパイ生地よりもボリュームのある生地で包まれていて、中があつあつでとても温まります。
ロスアンジェルスのメニューはどれも多めですが、安かろうまずかろうではなく、美味しいお料理を安く、お腹いっぱい食べさせてくれるお店です。

接客は、ロスアンジェルスの店員さんは始終ニコニコしていて感じも良く、雰囲気もとても良かったです。
美味しい洋食をお腹いっぱいに食べたくなったら、是非また行きたいお店の一つです。

店名:ロスアンジェルス
住所:千葉県八千代市勝田台3-1-11
電話:047-484-3388