神奈川県鎌倉市、由比ヶ浜の近くの自然派カフェ「麻心」。

カフェ

麻心は、海を眺めながら食べるケーキが最高なお店です。
長谷寺からも近いお店で、海が目の前です。
麻心の店舗は2階にあるので、海を見渡しながら休憩が出来ます。
店内は映画「海街ダイアリー」のロケ地になったお店です。
そして麻心の近くも映画やドラマの撮影地になった、お洒落な場所にあります。

麻の効用に注目した自然派カフェです。
内装は、木製の大きなカウンターが、麻心の窓際にドンとあります。
3台。

その内側には、ソファ席もあり、家族連れでも訪れ易そうな温かい雰囲気です。
私が伺った時も、赤ちゃん連れがくつろいでいました。

麻で濾過したお水が飲めます。
食事メニューもあるのですが、私は休憩で伺ったので、ケーキセットを注文しました。
1000円しない位。
ドリンクだけだと、500円前後です。
アルコールもあります。

ケーキはオレンジマーマレードが効いていて美味しかったです。
大きさはちょっと小ぶりだったかな。

麻に関係のあるグッズや書籍も販売していました。
イベントを麻心の店内で開く事もあるそうです。

店主はサーファーの様な、気さくな男性の方でした。
由比ヶ浜で寛げるカフェを探しているなら、ゼヒオススメしたいお店です。

店名:カフェ 麻心
住所:神奈川県鎌倉市長谷2丁目8-11
電話:0467-38-7355

西宮市湯元町、自然美と眺望が素晴らしい「ザ テラス」。

カフェ

西宮の市街地から山に上がった高台に佇むザ テラスは、抜群の眺望を誇りデートにも最適の素敵なカフェレストランです。
周囲は閑静な住宅地でありながら山の自然美溢れる場所であり、ここでは時間を忘れてしまうほど、ゆったりとしたひと時を過ごすことができます。

ザ テラス店内は木の温もりと花々の鮮やかさがあり、優しい雰囲気で、大きな窓からは美しい緑の楽しめます。
外のテラス席では、心地よい風を感じながら大阪平野を一望でき、夜には煌びかな絶景に出会うことができます。

ランチ、カフェ、ディナーと様々なシチュエーションで利用できますし、個人からパーティまで楽しむことができ、ザ テラスは使い勝手の良いお店でもあります。
お料理も素材は一つ一つ厳選されていますし、調理法もこだわりを持っており、美味しさだけでなく安全面も考慮されています。

カフェも楽しめますが、やはりザ テラスおすすめはお食事です。
ランチにもディナーにもメイン料理として提供されているのが、ローストビーフ。

高品質のニュージーランド産の牛を用いて作られたローストビーフは、赤身が多く、お肉本来の美味しさを堪能できる逸品となっています。
まるでステーキのように厚みがあり、ボリュームもあります。ぜひ、この味を味わってみてください。

ザ テラス店舗詳細は下記となります。
ランチ3800円から、ディナー4800円からとなっています。

店名:ザ テラス
住所:西宮市湯元町4-14
電話:0798-73-1076

優雅なひと時を過ごせるカフェレストランです。

神戸・三ノ宮駅近!「グリーンハウス シルバ」の魅力。

カフェ

神戸の中心地である三ノ宮は、各地から人が多く集まるスタイリッシュなエリアです。
そんな三ノ宮に、「グリーンハウス シルバ」というリフレッシュしたい時にぴったりな緑豊かなカフェがあります。
JRの三ノ宮駅、阪神・阪急の神戸三宮駅から北へ歩いて5分ほどの便利な立地で、ビルの谷間に茂る木々が訪れる人を優しく迎え入れてくれます。

グリーンハウス シルバの営業時間は11時から24時までとなっていて、ランチから夜カフェまで幅広いシーンで使えます。
おすすめの料理を気軽に楽しめるランチは、プレートランチ、パスタランチがあり、いずれも880円と手頃な価格で提供されています。
日替わりの料理に、パンかライス、スープ、サラダがセットになっていて、食べ応えも十分ですよ。

また、洋菓子の街・神戸ならではの美味しいケーキが味わえるのも、グリーンハウス シルバの魅力です。
お店を入ってすぐのショーケースに、彩りの綺麗なケーキが並んでいるので、ぜひチェックして下さいね。
おすすめは、上質なカカオとコニャックの香りが堪能できるムース、オ・コニャックです。

店名:グリーンハウス シルバ
住所:〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-5-25
電話:078-262-7044

京都で甘味をいただくなら「うめぞのCAFE&GALLERY」で!

カフェ

うめぞのCAFE&GALLERYは、駅からさほど離れていないのに少し入り込んだ場所にあって、何だか隠れ家のような店舗です。
平日でも並んでいる人が結構います。

町家のたたずまいが残っているものの、内装はおしゃれで木のぬくもりがある落ち着く空間です。
ガラス窓から中庭が見えるのも、うめぞのCAFE&GALLERYのほっこりするポイントです。
和雑貨が展示してある店内では、京都ならではの和スイーツをいただくことができます。

うめぞのCAFE&GALLERYのオススメ商品が抹茶ホットケーキ、930円です。
注文してから焼き上げてくれるホットケーキは、しっとりとしてほわほわな食感。気泡があまり入っていない密度の高いタイプのホットケーキです。
宇治抹茶が使われているので風味も良いです。

珍しいことに、うめぞのCAFE&GALLERYではお箸を使ってホットケーキをいただきます。
あんこと黒糖バターが載っていて、黒蜜も添えられているのですが、甘さはしつこくないのでペロッと食べられてしまいます。

抹茶やグリーンティーが用意されていますが、コーヒーにも合う味です。
店員さんも丁寧に接客してくれるので、とても心休まるひとときを過ごすことができます。

店名:うめぞのCAFE&GALLERY
住所:京都府京都市中京区不動町180
電話:075-241-0577

あの有名店のパンが食べ放題!「メゾンカイザーカフェ 丸の内店」。

カフェ

パン好きの私がオススメするのは、有名なパン屋さんメゾンカイザーカフェ丸の内店です。
通常、メゾンカイザーのパン専門店で買うと平均して1つ400円程するパンが、カフェですとランチ時には食べ放題で食べられます。

しかも、自慢のクロワッサンやチーズパン、季節のパンなど、その数10種類!
1つ1つが小ぶりなため、全種類制覇することも可能です。
メゾンカイザーカフェ店員さんがパンを持ってテーブルを回ってくれるので、ひとりでもおかわりし易いです。

ランチは、サラダランチ、スープランチ、ステーキランチがあり、サラダランチ、スープランチは、1200円。
ステーキだけ値が張りますが、それでも1500円です。
パンが食べ放題と考えるとコスパは最高です。
いずれも飲み物付きなのも嬉しいところ。

それに、パンはもちろん、お料理も美味しいんです。
サラダとスープは毎月メニューが変わりますので、季節に応じた食材を食べることが出来ます。

土地柄、メゾンカイザーカフェの平日のランチ時にはOLさんが多く、12時台は並ぶこともしばしば。
行くならば、11:30前、もしくは13:00過ぎがオススメです。
お店の詳細は下記の通りです。

店名:メゾンカイザーカフェ 丸の内店
住所:東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディングiiyo 1階
電話:03-6269-9411

三鷹駅から歩いて3分!おじいちゃんが営む居心地が良い純喫茶「ブルボン」。

カフェ

三鷹駅周辺のおすすめのグルメは「ブルボン」という喫茶店です。
住所は東京都武蔵野市中町1丁目20-10で電話番号は0422-54-5325です。

ブルボンの一番の魅力は何といっても人が良いおじいちゃんがお店をやっていることです。
おじいちゃんはいつもニコニコしていて喫茶店の雰囲気が和やかです。
ブルボンのお店の中には古い冷蔵庫やアナログテレビ、昔の公衆電話などがあり、昭和の雰囲気漂う、まるで本当のおじいちゃんやおばあちゃんの家に来た様な懐かしさや温かさがあります。

メニューはとてもたくさんあり、定食や丼物、カレーにパスタまであり、全て1,000円以下でどれを食べたらいいか迷ってしまうくらいです。
迷っているとおじいちゃんのおすすめが聞けます。

日替わり定食がお得でおすすめだと言います。
日替わり定食はボリュームも満点で、品数も多く栄養バランスも良かったです。
美味しく家庭料理の様なあたたかさがありました。

日替わり定食は650円で、食後には100円で飲み物が付きゆっくりすることができます。
ブルボンでは昭和にタイムスリップしたようなゆっくりと時間が過ぎる感じがとても良いです。

忙しい生活を忘れて癒された時に行くのがおすすめです。
またあの不思議な感覚と優しいおじいちゃんに会いに行きたくなるお店です。

田園都市線の高津駅下車5分、「彩カフェ」のグルメレビュー。

カフェ

場所は川崎市高津区、駅で言うと田園都市線の高津駅下車5分ぐらいの所、駅からツタヤの方向にまっすぐです。
お店の名前は「彩カフェ」。
外にメニューがあります。

品数は少ないけど、どれもおいしそうです。
牡蠣フライ定食。
カツカレー。
スパゲッティーが4~5種類。
ドリアも3種類ぐらい。

私は母と一度しか行ってないけど、とてもおいしかった。
母はボンゴレ・スパゲッティー。
香りがとっても良かった。
母もとてもおいしかったそうです。
何か香料が効いてるみたいでした。

私はメキシカン・ドリアみたいなのを食べました。
アボカドが入っているのが魅力で注文しました。
ちょっと辛かったけど、おいしかった。
値段は1000円前後。

チェーン店と違ってちょっとセンスがいい作り方。
ホール担当の女の人は結構年のいってそうな方だけど、ひかえめで親切。
母が高齢だから、背もたれのある席を進めてくれたりして。
かかっている音楽もアデルでした。
今アデルという所がセンスいい!

食べ終わってお会計の時に母が見たら、奥で料理を作っている人はかなりの高齢の方に見えたって。
ホールの人のお母さんかしら?

でもおばあちゃんが作っているからといっても、いい意味で間違いない感じです。
想像だけど、若い頃はフランスに住んでいて、おしゃれなお店にも行ったことがあって、おいしい本場の料理を勉強しましたって感じです。

お店は小さくて、テーブルが4つだけ。
10人ぐらいでいっぱいという感じです。
私と母が入った時は、他のお客さんはいませんでした。
帰りに手作りのクッキーが2つ袋に入ったのをくれました。
お腹がいっぱい

だったから、家に帰ってから食べたら、料理の後に口の中がスッキリするように配慮した味のクッキーでした。
わからないけど、さわやかな香料が入ってるような。