もつ鍋焼きうどん 糸庄、富山市の愛されるべき古きよき時代のお店

もつ鍋焼きうどん 糸庄、富山市の愛されるべき古きよき時代のお店

店名:糸庄
住所:富山県富山市太郎丸本町1-7-6
電話:0764255581

先日、たまたま富山に行き、そこで知り合いに紹介されて行ってみた糸庄。

鍋焼きうどんと聞いていたのですが、行ってみるともつ鍋焼きうどん。
もつ苦手な私としてはちょっと失敗したかなと思いながらも、糸庄のお店にとりあえず入ってみました。

糸庄に入ってみると夜21時を過ぎているのにお客さんでいっぱい。
みそのいい匂いがしました。

糸庄の店員のおばちゃんの愛想のよさが昔ながらのあたたかさを感じるお店です。
気持ちがほっこりしました。

せっかくだからということで、もつ鍋焼きうどんを注文。
価格も850円でかなりリーズナブルです。

そして、カウンターに座り、待っていたのですが、調理をしている糸庄の店主さんの動きがとにかくすごい。
20くらいのコンロの上に鍋を置き、どれができていて、できていないか、さらにはどれがどのテーブルのものがすべて分かっている。

そして、熱々の鍋の蓋を素手でさわります、どんどん確認していく。
昔ながらの職人の技を見させてもらいました。
ただただすごい。

そして、とうとうやってきた糸庄のもつ鍋焼きうどん。
味はもう大満足でした!

もつも全然問題なし。
もつの生臭さや脂身的な部分が苦手だったのですが、味がしっかり染み込んで、全然気にならない。

ぺろりと完食しました。
ボリュームも満点でかなりおなかがいっぱいになりました。

糸庄は、お店の雰囲気は少し小汚ない感じですが、味は間違いなしですし、なによりも昔ながらの職人気質の店主さん、そして愛想のいいおばちゃんスタッフがいる愛されるべきお店でした。

麺房 長谷川、埼玉県鴻巣市で絶品魚介ちぢれラーメン

長谷川でお勧めなのは『魚介醤油ラーメン』です。
値段は650円です。

このラーメンはその名の通り、スープが魚介でしつこくなく、飲みやすいです。
麺は中太のちぢれ麺でとても食べやすく、美味しいです。
私の場合は、いつも替え玉を頼むのでプラス150円追加になります。

長谷川は、ライスと水はセルフです。
ライスはカウンター席の後ろに炊飯器があるので、器に好きなだけ盛っていいので、いつも大盛にしてます。

長谷川のメニューとしては、他に味噌ラーメンや野菜ラーメンやつけ麺がありますが、ほとんどの方が魚介醤油ラーメンを頼んでいるような気がします。
とても美味しいのでお勧めします。

長谷川は入り口をくぐると食券機があり、食券を買ってからお店の人に渡し、注文を受けてもらいます。
混雑時、渡すのを忘れるとあちらも気づかずに延々と待っているだけ位になりますので、注意をお願いします。

席はカウンター席が13席ほど、テーブル席が2席ほどあり、昼夜問わず並んでいることが多々あります。

長谷川の店員の対応ですが、私が行ったときに『いらっしゃいませ』や『ありがとうございました』といった挨拶がなかったので、少し愛想が悪い気がします。

あと駐車場は15台ほど停まる所があり、スペースもそこそこ広いので、問題ありません。

店名:麺房 長谷川
住所:埼玉県鴻巣市八幡田461-1
電話:048-597-1166

麺屋 まぜはる、浅草橋にある洗練された至高の台湾まぜそばの店

まぜはるのお店は、浅草橋と秋葉原のちょうど中間地点にあります。
まぜはるのおすすめの料理は、何と言っても台湾まぜそばです。
(800~1100円程度 ※トッピングによる)

モチモチとした太めの縮れ麺にピリ辛の挽肉ミンチ、刻まれたネギとニラ、ノリがと濃厚なタレが絡んで絶妙なハーモニーを奏でています。
麺を食べ終わった後には、まぜはる店員さんに器を渡せば、少し白米を入れてくれるので残ったタレと絡めて、追い飯を楽しむことが出来ます。

卓上には昆布酢やラー油が置いてあるので、味変も可能です。
昆布酢を入れるとほんのりとした甘味が広がるようになってまた違った味わいになります。

台湾まぜそばのお店と言えば、はなびが発祥のお店として有名ですが、まぜはるの店主さんは、はなびで修行されていたご経験をお持ちらしいです。
ただまぜはるの台湾まぜそばは、はなびの台湾まぜそばと比較して、こってり目で辛さもはなびより引き立つ一品に仕上がっています。

また辛いのがお好きな方には、四川まぜそばもおすすめです。
イメージ的には汁なし担々麺に近いかもしれません。
辛さを抑えた四川まぜそばJrというメニューもありますので、お好みに合わせて選んでいただくことも可能です。

店名:麺屋まぜはる
住所:東京都台東区浅草橋4-4-5
電話:03-3851-3851

王様の島、進化を続けてついに完成!行列ができる高知のラーメン店

店名:王様の島
住所:高知県高知市大津乙1040-1 ナンコクスーパー大津店内
電話:088-855-5438

高知市内ではラーメン街道を呼ばれるほど、ラーメン店が多い大津バイパスに移転したきた「王様の島」。
王様の島は、以前のお店は裏通りで小さいお店でしたが、それでもランチタイムは待つ程度の込み具合でした。

今回満を持してバイパス沿い、しかもスーパーマーケットのテナントなので目立ちます。
ランチタイムも、夜の営業も並んでます。

王様の島のラーメンは、王道の陽右ベースの物から、カツオをのせたちょっと邪道まで幅が広いのです。
邪道があるってことは美味しくないの?と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
全て真剣に作られてますので、美味しいのは間違いありません。

中でも「王様らーめん~極み~」と至高の醤油は、スープまで飲み干したくなる一品です。
王様ラーメン極みは具が別皿で出てきます。

最初はスープと麺だけを味わい、そのあとに具を入れていくと味がプラスされ変化していきます。
プラスと言うか掛け算で倍々に美味しさが増える感じですね。

また一件オーソドックスな醤油ラーメンに見える至高の醤油もスープが絶品です。
とんがった醤油の味はなく、スープと醤油が一体となりコク、風味がまろやかで何度でも足を運びたくなります。

王様の島は、他に味噌、エビ、塩などバリエーションが豊富なので、全メニュー制覇にはかなりの時間を要しそうなお店です。

辛麺屋 桝本 中洲本店、福岡県福岡市博多区中洲でコンニャク麺

中洲川端にある、辛麺屋「桝本」。
辛麺は、宮崎発祥の料理!一度食べたらやみつきになります。

桝本お勧めは、コンニャク麺。
コンニャク麺といっても、糸こんにゃくではなく、材料にコンニャクが含まれているわけではありません。
蕎麦粉と小麦粉が主原料の、コンニャクによく似た触感の麺です。

桝本の辛麺の辛さは、選べます。
ヌキ(辛くないやつ)、小辛(1倍)、中辛(3倍)、大辛(5倍)、特辛(8倍)、激辛(15倍)、スーパー(25倍)!

私は、桝本にコンニャク麺を食べに行って感じなので、大辛までしか、食べたことありませんが、激辛頼んでいた友達の汁は、ドロッドロでした(笑)
辛いの好きな方には、たまらないだろうなと(笑)
他にも、餃子やご飯、勿論アルコールもありますよ。

値段は辛さによって変わりますが、1000円以内です。
私は、桝本 中洲本店しか行ったことありませんが、席もカウンターとあわせて、18席のこじんまりとしたお店ですが、いつも満席で大繁盛です。

平日なら、割と待たずに入れるかな。
でも、並ぶ覚悟で行くことをお勧めします(笑)

日曜、祝日は、お休みみたいです。
中洲本店は、ホステスさん、飲みの帰りなどの方が多いからですかね。

店名:辛麺屋 桝本 中洲本店
住所:福岡県福岡市博多区中洲2-4-20
電話:092-262-6606

家系ラーメン大和屋、横浜線沿線の淵野辺駅の美味しいラーメン屋!

相模原で美味しい横浜家系ラーメンといえばここ、家系ラーメン大和屋!
太麺にほうれん草、卵、のりの定番メニューに加え、今ならご飯おかわり無料のキャンペーン中らしいです。

店名:家系ラーメン大和屋
住所:〒229-0006 神奈川県相模原中央区淵野辺3ー5ー16
電話:042-757-7705

横浜家系ラーメンの中で自分が食べた中では一番美味しいと思っています。
家系ラーメン大和屋おすすめは、醤油系の690円ラーメンです。

固麺を選び、味も薄い、普通、濃いの中から選ぶ事ができます。
固麺・味普通がおすすめです。

この前までは、昼のみご飯がお代わり無料でしたが、今は夜も白ごはんが無料です。
いつまで続くのかは、家系ラーメン大和屋の店長さん曰く不明らしいです。

家系ラーメン大和屋の雰囲気は明るくて、店員さんたちもうるさくもなく、静かでもないのでちょうどよい感じだと思います。
中には、店内がうるさい家系ラーメン屋もいったことはありますが、一人で行くなら静かな方が良いかなあと私は思うので、一人でなるべく静かに食べたいという方はおすすめです。

店長さんは感じが良く、元気よく挨拶をしてくれるのでとても気分良くいつも食べにいっています。
店員さんも全員キビキビ動いているので、遅いなあと思うことも得にありません。
家系ラーメン大和屋、ぜひ訪れてみてください。

京都府京都市中京区、博多長浜ラーメンみよしはナンバーワン

店名:博多長浜ラーメンみよし
住所:京都府京都市中京区石屋町115辻田ビル1F
電話:075-211-8814

私はとんこつラーメンが好きで、ラーメン激戦区の京都を散策していました。
三条の木屋町通を歩いていると、美味そうなとんこつラーメンのにおいが。
外を歩いていると、風の乗って鼻を刺激するのです。
このにおいは美味いに違いないと、直感で感じました。

さっそく、博多長浜ラーメンみよしに入店することに。
博多長浜ラーメンみよしの店内はお世辞にも綺麗とは言えません。
しかし、それが良いのかもしれません。
さっそくラーメンを頼みました。

出てきた博多長浜ラーメンみよしのラーメンは、見た目がこってりしています。
しかし、しつこくないんです。
スープの味はマイルドです。
麺は極細麺で、スープの味が染み込みやすくなっています。
一口目で、このラーメンの虜になりました。

博多長浜ラーメンみよしのカウンターの台には、無料のトッピングが多く並んでいます。
私はいつも天かすとゴマをかけて食べます。
天かすは特におすすめですね。
うどんに入れるイメージがありますが、ラーメンにも合います。
このラーメンだから合うのかもしれませんが。

本場の博多で食べられる味が、京都でも味わえます。
博多長浜ラーメンみよしのラーメンが、とんこつラーメンの中ではナンバーワンですね。
とんこつ好きなら、食べとかないといけません。