多額の借金に苦しんで債務整理した体験談をお話します。

法律

借金を抱えることは本当に辛いことです。
この辛さは私のように借金に苦しんだ人でないとわからないかと思います。
今では山の噴火の影響で売り上げが大幅に落ち込んでしまっている箱根町の旅館が、多額の融資を受けているようです。
融資を受ける限度額も国によって引き上げられたというニュースも報じられていました。
続きを読む

法律相談をする前に、自分が望む最終的な結末をはっきりさせる必要がある。

法律

lower

弁護士相談をするときには、1つ決めておかないといけないことがあります。
それは自分が最終的にどういう結末を望んでいるのか?ということです。
つまり、どうしたいと思っているのか?ここをはっきりさせておく必要があります。
続きを読む

友人の借金の保証人になって裏切られた体験談。

法律

あの時は本当に軽い気持ちだったのです。
とても困っていた友人を、見捨てるなんてできなかったのです。
私しかいないと懇願されて、私は仕方なく借金の保証人になったのです。
でも友人を信じていたのです。
私には迷惑はかけないと言った友人を、とても信用していたのです。

それなのに友人は裏切りました。
いなくなってしまったのです。
借入を残して消えてしまったのです。
だから保証人になっている私が、友人の借金の返済をしないといけません。

その額は何とは百万円です。
とても大きい額です。
貯金もないし、私には到底用意できないお金です。
でも返さないといけません。

だから私は毎月残業をしています。
そして知り合いのお店でアルバイトもしているのです。
そうしないと、生活をしながらの借金返済ができないのです。
寝る時間もないくらい、働くようになりました。

まさかこんな目にあうなんて思いもしませんでした。
まさか友人が私を裏切るなんて思いもしませんでした。
友人の実家にも行きました。
友人のいるかもしれないと思う場所には全て行ってみたのです。

でもどこにもいません。
誰も居場所を知っていません。
だから仕方なく返済をしています。
早く戻ってきてほしいです。
そうしないと、私がおかしくなってしまいそうです。

自己破産は借金の悩みを無くせる最後の手段。

法律

債務整理の手段の中でも、借金や抱えている債務を減額したり利息を免除してもらうのではなく、債務そのもの自体の存在をすっきりと帳消しに出来る手段があります。
そう、自己破産です。
破産と言うと、何かとネガティブなイメージをどうしても持たれてしまうことが多いですし、財産を全て失ってしまったり、自分の家族や親戚に対して迷惑がかかってしまうのではないかと不安視する人も珍しくは有りません。

しかし、家族が保証人になっていない限りは一切家族の財産や信用に影響を与えてしまうこともないですし、仕事で必要な道具や最低限の財産は手元に残しておくことも可能です。
自己破産をすると暫くの期間はクレジットカードやローンの審査にはかなり受かりづらくなったり、任意整理など他の債務整理の手段とは違って官報に名前が載ったり、不動産は失ってしまうなどのリスクは有ります。

ただし、借金の返済に縛られる生活を送り続けるよりも遥かに経済的にも精神的にも充実した毎日を再び取り戻すことが叶えられたり、借金を抱えるしんどさや辛さから解放されるというのは非常に大きなメリットであると言えるでしょう。
自己破産は高額な債務を抱える人にとって、借金の心理的なストレスや経済的な困窮をリセット出来る手段として非常に優れた存在です。

消費者金融で借金したら返済が大変でした。

ローン

借入で困っている人は、世の中にたくさんいるかと思います。
私も以前、借金を抱えてかなり困っていました。それは今から数年前になるのですが、当時私は仕事を退職し収入が途絶えてしまい、生活するのにかなり苦しくなってしまいました。
そのために私は、消費者金融でお金を借りることになりました。
やはりお金がなくては生活していけなかったので、私は意に反して消費者金融でキャッシングをしました。

しかし、消費者金融と言えば一度お金を借りてしまうと、借金を返済していくのがかなり大変です。
私は某有名な大手消費者金融でお金を借りたのですが、月々の支払いがとても大変で苦労しました。
金利もそこそこ高いために、その金利分だけでも返済するのが意外と大変なのです。

もちろん、借金をすれば当然大変なのはわかっていましたが、いざ自分がそれをしてみて改めて思いました。
なので、日頃からなるべくお金を貯めておかないといけないと強く実感しました。
お金がなくなるのは速いですが、貯金はなかなか貯まらないので、これからはコツコツとお金を貯めていきたいと思っています。
そして借金をしないために、安定した収入を得られるようにしないといけないと思います。

自営業をしていた父が借金を放置して失踪した体験談。

家計

父は自営業をしており、それがうまくいかず家族に相談せずに色んなところからお金を借りてしまいました。
請求が家に来て初めて父が借金苦の状態にあることが判明しました。
もうその時点でこちらから身動きがとれないような大きな金額になっていましたので途方にくれてしまいました。

通っていた学校は、借金取りがくる可能性が高いということで通えなくなり、自宅も危ないということで友人宅にかくまってもらうことになりました。
今まで普通に生活をしていたのに急展開です。
引っ越すにしてもお金がありませんし、友人知人からお金を借りても返すあてがないので借りることもできません。

私たちが友人宅で息を潜めている間、父親は失踪をし借金を放置していきました。
そのせいで余計にこちらを探す取り立てが真剣になってきました。
母は知らない間に保証人にされていたのですが、このとき私が思ったのは「無知は罪だ」ということです。
この時点で弁護士や何かに法的な相談をすればよかったのですが、そういう考えがなかったのです。

自分たちで何とかしなければならないと考えてしまったのです。
おかげで更に借金苦で生活は厳しくなり、母親は精神を病むようになりました。
お金がない、旦那に裏切られた、行く場所がない、築いてきたものがなくなってしまった、これは本当に大きな出来事で一生経験しなくてもよいことです。
それを経験してしまった母親は壊れてしまいました。

即日キャッシングでお金を借りる時に準備すること。

ローン

即日融資は審査にかかる時間が短いため、急に現金が必要な場合にも対処できます。
申し込みの際には、審査を受けるため流れを確かめ、本人確認書類や収入証明書などの必要書類を準備し申込書に正確な内容を記入する必要があります。
お金を借りる時は目的を考えて自分に適した方法を探し、滞納をせずに正しく使うことを心がけることが必要です。

即日融資は指定する銀行口座がなければ対応できないため、最短で現金が必要な時は内容を確かめて判断する必要があります。
審査にかかる時間は勤務先への在籍確認や信用状況の調査が完了するまでの時間で、平日の午前中までにインターネットなどで申し込みをすると、来店不要ですぐに利用できるために便利です。
金融機関休業日は振込ができないため即日融資を利用できないため、前の営業日までに審査や振込を完了させるように計画を立てると安心できます。

お金を借りる時は今後の計画を立てて段取りを決め、今後の収入の状況を確かめて返済計画を立てる方法が最適です。
即日融資は手数料がかからないためお得に使えることが特徴で、急な出費の時にも柔軟に対応できます。
お金を借りる時に準備することは、本人確認書類や収入証明書などの書類の用意です。
また申込書に記入するために必要な情報を確認し正確な内容を記入することです。