韓国の釜山で、また慰安婦像が設置されたらしい。

ニュース

韓国の釜山に設けられている日本総領事館の目の前に、韓国の市民団体が慰安婦像を設置したそうです。
自治体も、公道に設置することを容認したようです。このような行為を韓国がすることは、日本政府に対して露骨に敵対行為をすることと同じ意味を示すのだと思います。

今後、この慰安婦像の取り扱いについて、韓国政府がどのような対応をとるか興味深く見つめていきたいと思いますが、仮に韓国政府が市民団体の行動を追認するようならば、韓国政府は日本政府に対して敵意を抱いていると判断するしかないと思います。

国際政治においては、それぞれの国が自国の利益を考えて行動します。
日本政府も、対韓国外交において自国の利益を中心に考えて外交交渉を行うべきだと思います。

幸い、日本と韓国では国力差において、日本の方が優位にあります。
このため、過剰に韓国政府に対して卑屈な態度をとる必要はないと考えます。

韓国が日本に敵意を示すなら、日本政府は韓国政府に対してなんら便宜をはかる必要はありません。
通貨スワップ協議を現在再開しているようですが、再び中断すべきだと思います。

それに、日本は韓国と疎遠な関係になったとしても、アメリカと強固な同盟関係を築き、ロシアとも緊密になりつつあります。
韓国に遠慮する必要はありません。

博多駅前の道路陥没事故の修復。

ニュース

hakata

九州の玄関口と言われる博多駅前で、驚くほど大きな陥没事故がありましたね。
私も博多駅には行ったことがありますし、陥没した通りも通ったことがあります。
九州最大の博多駅は商業ビルが林立しており、最近もKITTE博多がNEWオープンしたばかりです。

そんな博多駅と、アジア圏からの観光客が毎日のように押し寄せるキャナルシティとを結ぶメインの通りが陥没したんですから、連日全国ネットのテレビニュースで取り上げられていて当然ですよね。

クリスマスになるとあの通りはイルミネーションも施されるので、物凄い急ピッチで現状復帰作業が行われているようです。
11月の14日月曜日には道路が通れるようになるらしいですから、陥没してから1週間経ってないんじゃないですか。

早すぎて私は不安になってしまいますが、毎年の人口が順調に増えている巨大観光都市福岡の財力をもってすれば当然なのかもしれませんね。
土木関係者に臨時収入が入ったと思えば、まあ良かったのかな?

今までも同様の事故が起こっていてなぜ繰り返すのかと批判する方もいらっしゃいます。
しかし事故が起きた時の対応の早さを見ると、防ぐことが難しい事故であり、起こった時の対応が作業する方たちに浸透しているので、問題ないのでは?と素人の私は思います。
何はともあれ、怪我人が出なくて良かったですね。

最近のアイドルはスキャンダルが多すぎる気がする。

ニュース

photo

最近アイドルの熱愛報道だったり、スキャンダルが非常に多いように思います。
今はスマホで誰でも即席パパラッチになれる時代ですし、その写真がネット上であっと言う間に拡散されていきます。
つまり芸能記者が追わなくても一般の人が目撃情報をアップすることで次々とスキャンダルが表面化しているように思います。

また現在進行形や過去に付き合っていたという人やその周囲の人が写真などをアップしたり、ブログなどの何気ないお揃いの品、共通の場所に訪れていることから交際がバレてしまうケースもあります。
中にはワキが甘いなと思うケースも多々あって夢を売るのがアイドルなのですから、せめて10代、20代前半くらいまではクリーンなイメージでいて欲しいと思います。

勿論一般人よりずっと容姿がいいのでモテるのは分かりますし、ドラマや映画などは作品により共演者が変わるので出会いも多いのかもしれませんが結婚やスキャンダルで一気に人気が落ちてしまった芸能人も少なくありません。
アイドルは恋愛はするなとはいいませんがせめてバレないようにして欲しいと思うのがファンの心情なのではないでしょうか?
応援していたアイドルにスキャンダルが発覚すると頭では理解していてもやはりガッカリしてショックを受けてしまうのが人情です。

トランプ氏の躍進と日本への憂慮

ニュース

最近、テレビの報道等でアメリカ大統領選の共和党指名候補に不動産王のドナルド・トランプ氏が指名確実との見出しをよく目にします。
その暴力的な発言で物議を醸していますが、もしかするとこの人がアメリカ大統領になるのではないかと危惧しています。
その暴言の矛先は日本に向けられ在日米軍の費用負担の増額や関税の大幅増額など今のアメリカの経済状況を逆手に取って日本からお金を巻き上げようという魂胆が見え透いています。
TPPにも反対しており自国の産業を守り、利益の流出を防ぐねらいがあると思われます。
アメリカの失業者や低所得者層など生活に困窮している人達の支持を集め指名候補まで上りつめたので政治手腕は未知数ですが、大胆な発言に有権者も希望を見出し改革を期待しているのかもしれません。
確かに今の日本もアメリカにおんぶにだっこで、アメリカの戦争には行かないが日本が攻め込まれたら助けなければならない。
安保法案の改正で集団的自衛権の行使が叫ばれているが、反対している場合ではなくなってきていると思います。
更にトランプ氏は日韓の核保持まで容認の姿勢を打ち出しています。
同盟国ではあるが自国の防衛は自国でというのがスタンスのようです。
本選挙まであと半年程です。
保守党候補とのののしりあいが始まると思いますが、発言には注視しながらも日本も危機感を持って大統領選のゆくえを見守るべきだと思います。

当選はするだろうけど、ろくなことをしなさそうだ

ニュース

「五体不満足」の著者としてお馴染みの乙武洋匡氏が政界へと転身するという話が出ていました。
有名人ならば、かなりの確立で当選できるこの国では、乙武洋匡氏の当選は約束されたものでしょう。
今は「日本を元気にする会」からの出馬が濃厚らしいです。
レストランの一件があって以来、この人はとても好きにはなれませんが、身体障害者を国会へ送り込んでも不便で仕方ないと思うのですがね。
段差とかも一人のためにバリアフリーにでもする気でしょうか。
それでなくても国会議員がお金を無駄遣いしてほしくないというのに、本当に迷惑な話ですね。
一応、同じ党に猪木がいるからいろいろと便利に使っていくとは思いますけどね。。
最近は差別だなんだとうるさいですから、あまり絡んでいこうとする人もいないでしょうから心配なんだよね。
当選したみたいな書きかたしてるけど、当選しないと思う人は少ないんじゃないかな。
二世議員だとか有名人だとか、それだけで当選しちゃうでしょう。
まあ、比例の票集めで利用されていることが、有名人の場合は多いのですけど、今回は弱い政党ですので選挙区で出てくるんじゃないかな。
本人は嫌がりそうですけど、障がい者代表として選挙はがんばればいいんじゃないですかね。

原発の本音と建て前

ニュース

福島の報道があるたびに原発の怖さをあらためて想う。
大震災の日、政府が強制避難を発表した時、ただならぬことが起きたと知った。
よく思い出して欲しい。
あの時、東京は危なかったはずだ。
もう少し運のバランスが不幸側に傾いていたら、東京には住めず、その後のオリンピックもなかったかも知れない。
あの日以来、原発ゼロ、正確には2013年9月から完全ゼロの状態が続き現在に至る。
この状況で原発稼働を推進する政府の国策は無意味に思える。
と言うより、実態は一種のポーズだと私は思う。
地震国に生まれ、原発が安全ではないと知った一般世論は明らかに反原発だからだ。
特に国民の大多数を占めるであろうシニア世代は、今の人は笑うだろうが雨が降れば放射能で頭がはげると遊びから逃げ帰った子供時代を過ごした。
放射能の怖さは徹底的に教育された世代である。
原発の安全神話が崩れた今、ギリの選択を迫られれば、稼働を容認するはずがないのだ。
日本人は元来、本音と建前をうまく使う。
だから原発ゼロ、一方で稼働推進の国策を掲げる本音と建前が両立する状態は、これから先何年も続くだろう。
一方で、除染と廃炉の技術や再生エネルギーの技術は確実に進む。技術革新が進み、道がはっきり見えたときが、きっと決断のときだろうと思う。