バルミューダの「GreenFan」は心地よい風。

家電

夏場はエアコンとサーキュレーターで過ごすことが多いのですが、夜、寝るときはエアコンを切っている方も多いかと思います。
そうした用途で扇風機を探していましたが、候補となったのが、ダイソンの羽の無い扇風機と、バルミューダのGreenFanでした。

どちらも、自然な風が売り物です。
実際に試してみると、従来の扇風機では長時間あたる続けると辛くなるのに対して、これらの扇風機の風は優しい感じで違いが実感できます。

この風の質でいえば、ダイソンの方がいいかと思ったのですが、結局はバルミューダのGreenFanを購入することに決めました。
決め手は2つあります。

一つは高さ調整、もう一つは充電池対応です。
実はこの2製品とも、従来の扇風機と異なり、高さの調節が出来ない構造となっています。

そのため、ダイソンでは風の吹き出し口を縦長にして対応しています。
バルミューダでは、ファンと土台の間のバーを2段階につなげる構造にして高さを調節するようにしています。
私の場合はこの2段階の高さ調節が使っているベッドの高さと丁度あったため、購入することにしました。

もう一つの点は、充電池対応。
バルミューダのGreenFanは、DCモーターを使用しているので、何と充電池で動くのです。
3.11の時の計画停電で大変な目に遭ったので、これは大きなポイントだと思いました。

欠点があるとすれば、使わない冬場の収納スペースが結構かさばることくらいです。
それ以外はこれといった欠点が無い製品だと思います。

バルミューダの「AirEngine」は、インテリアになじむ空気清浄機。

家電

PM2.5騒動も一段落した感じがありますが、それでも花粉の季節には必要な空気清浄機。
値段の色々で加湿機能があったりマイナスイオン機能があったりと、選ぶのにもひと苦労してしまいます。

そんな中で、コンパクトなデザインに惹かれて購入してみたのが、バルミューダのAirEngine(エアエンジン)です。
メーカーによりますと、独自のダブルファン構造で、これまでの空気清浄機では吸い込めなかった花粉などの大きな粉じんも吸い込めるのだとか。何となく説得力を感じて購入を決めました。

色はホワイト一種類かと思ったら、ファンのところのパーツの色がブラックとグレーの2色あるということで、ホワイト&グレーにしました。
マンションの壁紙が白なのですが、少しつや消しっぽい白色が意外としっくりなじみます。

他の空気清浄機は平ぺったい形ですが、AirEngineは鉛筆みたいな四角です。
これが壁際で場所を取らなくて結構収まりがいいです。

操作性もややこしいボタンが少なく、通常はオートで十分です。
付け放しで使うものですから、いくら高機能でもほとんどスイッチは使わないので、正しい選択だと思います。

メンテナンスもびっくりするほど簡単で、年に一度のフィルターの交換も、パネルを外してレバーを矢印方向に回すだけです。
ファンの回る音は、通常運転ではびっくりするくらい静かです。

逆に強モードの時はブンブンと回って、本当にホコリを吸い取っているんだなぁと実感します。
我が家の家電の中でも、満足度の高い製品です。

東芝製の紙パック式クリーナーVC-PF7A購入レビュー。

家電

今なにかと注目されている東芝です。
実際、どうなの、と思いましたが、原発事業以外はよくなりつつあったんじゃないのか、実際半導体事業は業績よかったし?ということで、三菱やパナソニックと一緒に公平に検討してみました。

掃除機はダイソンのサイクロン式やルンバをはじめとするロボット掃除機が先端で、でなかったらマキタのコードレスとか使うのがイケてるかな、とも思ったのです。
でも、狭いところに段差あり、とか、絨毯あり、とか、ドアあり、とかめんどくさい造りなので、ロボットの手には負えまい、サイクロンはゴミ捨てがイヤだ、基本的にコードレスの容量を信用していない、などなどワガママ全開で、普通に紙パック式のホースタイプを探しました。

紙パック式で次に選択しなければならないのは、ヘッド部分です。自走式なのかそうでないのか?
これは、ネットで検索すると当たり前みたく自走式がよい、と出てきます。

が、そうするとヘッド部分が重くなるのです。毎日毎日振り回すとこなので、わたしは1gでも軽いほうがよいです。
なので自走式でないタイプを選択することになります。と、自ずと価格もそれなりになるという望ましい結果となります。

こだわったのは、うそでも詐欺でもいいから、床を磨くように滑ってくれる細かいブラシ様か布様のものがついていること。
これがあることで、床の仕上がり具合が違うことを、東芝のかなり前の「静御前」という製品で経験済みでした。

やっぱり三菱のBe-kシリーズ、新型はもう小さくて軽くて、デザインもよくて目が奪われました。
でも、所詮紙パックでそんなにコストをかけてもなっていう思いもあり、せっかくの低コストのメリットを生かすにはってことで最終的に選んだのは、東芝のVC-PF7Aです。

気になる価格はネットショッピングで1万弱。いいのでは?
届いた実物を見て、思ったのは、うんうん、静御前からだいぶ学んだなってことです。
上から目線ですが、そこは毎日使っていますから。

まず掃除機本体の余計な角が取れて丸みを帯びました。
これで余計なところでひっかからなくなるわけです。
かわいいです。

紙パックは純正のものを使用すると高いです。
が、排気をきれいに保つために3枚セットで購入しときました。これは仕方ないです。

そしていざ、使用してみるとうるさい。
「標準」では音がもううるさいです。
ネットでうるさいと書いてあったけど、気にしないで買ったらやっぱりうるさかったです。

でも、吸引力は十分すぎるくらい強いので、試しに弱モードで使ってみたら、これでよかったです。
個人的には吸引力もこれで十分です。自走式ではないヘッド部分ですが、回転ブラシがついていて、それにゴミが絡まる気になっていました。
案の定、取扱説明書にはこまめにゴミを取り除き、カバーから外して洗うように、と面倒なことが書いてありました。

でも、そこでいいことに気づいてしました。
わたしはヘッド部分に付け替えて使うスーパーハボキというものを愛用しているのですが、棚上とかストーブの排気口とか必ずこれで掃除してます。
そういうパターンなので、掃除の終わりには必ずこれでエアブラシ部分を吸い込ませることにしました。

そしてまた、世の中にはコロコロクリーナーという便利なものもあるので、髪の毛の落ちてそうなところは予めコロコロして取っておきます。
このはじめと終わりの手間で、回転エアブラシは取り外して洗わなくても、毎回かなりきれいです。

そんなこんなでお手軽な紙パック式の掃除は、快適に進行中です。
東芝もこういう製品づくりにだけ取り組んでいたらよかったのに、ですね。

パナソニックのビストロNE-JBS653は万能準上位機種。

家電

2016年11月の終わりに、12年間使用していた電子レンジが突然壊れたため、パナソニックビストロ家庭用スチームオーブンレンジNE-JBS653を購入しました。
電子レンジの素晴らしい進化を感じさせてくれる優秀な製品です。
まず蓋を開けると回転トレーはありません。

庫内中央円形のイラストの部分に暖めるものを乗せるようになっています。
蓋を閉めるときのバタンという音を抑えたソフトダンパー仕様になっており、何度も電子レンジを使用してもうるさい音がしない心憎い設計です。

パナソニックビストロNE-JBS653はスチームオーブンレンジで、給水タンクがついています。
このため、使用すると食品が水分を含みしっとりとした仕上がりになります。
冷ごはんを温めたところ、炊きたてのご飯のようにふっくら食感になり感動しました。

メニューを選択するときはカラー液晶のタッチパネルで操作します。
手動、毎日使い、料理集、庫内の清掃などができる便利ツールからメニューを選択できます。
お茶の温めなおしをしたところ、ただいまの電気代は0.7円と電気代も表示してくれました。
タッチパネルは操作後しばらくすると電源が自動で消える省エネ設計になっています。

付属品にはグリル皿が1枚ついています。
このグリル皿により、スチーム、グリル(両面焼き、下面焼き、上面焼き)、オーブン、発酵と多くの料理を作ることができます。
すばらしいことに自動メニューの合わせ技セットを使うと、上段でグリル皿を使った焼き物、下段で汁物や煮物を同時に調理できます。
電気代節約かつ時間短縮を実現しており、仕事に家事に忙しい人にお勧めです。

以前の電子レンジではパンを裏返す必要があったが、パナソニックビストロNE-JBS653ではグリル両面焼きを使いパンを裏返さず焼けます。
パンを焼いたところ、ふっくらとおいしい仕上がりでした。
解凍機能はスチームを使い、全解凍と半解凍が選択でき、好みの仕上がりに調節することができます。

このようにパナソニックビストロNE-JBS653はコンパクトサイズであるにも関わらず購入後長期の使用に耐える万能性に優れた機種です。
私が購入したときの家電量販店の店員さんの一押機種でした。

皆さんも一度実物を見学してみてはいかがでしょうか?

メンズシェーバーラムダッシュ(パナソニック)ES-ST39。

家電

メンズシェーバー(電動髭剃り)をうっかり落としてしまい、肌にあたる部分が歪んでしまったため、新しいシェーバーを買いました。
パナソニックのラムダッシュES-ST39(色はシルバー調)です。
3枚刃タイプで、お風呂でも剃れる防水仕様です。

充電時間は、フル充電に1時間要し、だいたい10日間くらいは使い続けることができます。
以前は、パナソニックの4枚刃タイプを使っていましたが、ヘッドが大きくちょっと重かったことと、狭い(口ひげ)部分が剃りにくかったため、ひと回り小さい3枚刃タイプにしてみました。

お値段も手ごろだったのですが、とても扱いやすく、私にはちょうどいいサイズでした。
ヘッドが大きいタイプは、よく剃れる半面、ちょっと皮膚が痛いと感じる時がありましたが、このシェーバーは、ほどよく剃れるし、皮膚の薄い部分を剃っても、あまりヒリヒリしません。

年齢とともに、皮膚が弱く敏感になってきていましたので、このサイズ感、剃り心地はうれしい発見でした。
45才を過ぎたあたりから、髭の成長速度も遅くなってきましたので、シェーバーをグイグイ皮膚にあてる必要もなくなってきました。
3枚刃タイプで軽めに剃れるラムダッシュES-ST39は今の私にちょうどいいシェーバーと感じています。

PowerGreen モバイルバッテリー 10000mAh

家電

PowerGreen ソーラーチャージャー パワーバンクは、太陽光パネルと通常充電の両対応のモバイル機器用バッテリーです。
ようするに、スマートホンやiPadなどの電池が切れた場合に、外付けの充電用電池として使うための装置です。

スマートホンはコンパクトに高度化して多様な作業ができるようになったが故に、常に電源不足に泣かされるという弱点が出てきましたので、外付けのバッテリーを携帯している方もかなり増えました。
ただ、バッテリーは大きなものを用意したとしてもいつかは電気が切れるものであって、一定時間ごとに必ずコンセントから充電をしなければなりません。

しかし本商品の場合は、通常の外付けバッテリーとしての機能の上に、ソーラーパネルによる充電機能をつけたためにコンセントがなくても蓄電できるようになりました。
まず災害で停電が起きた時などコンセントが使えない場合に、この太陽光発電機能はとても心強いです。

それから日常的な使い方としては、登山や海遊びなど長時間もしくは数日にわたって電源のない場所に滞在する場合など、このバッテリーが一台あれば電池切れで外部と連絡が取れなくなる心配がなくなります。

大きさは、14.7cm×7.5cm×1.2cm、重量は227gとスマートホンサイズなので、普段もって歩くにも手頃です。
iPhoneとAndroidの両方に対応していますし、2台同時に充電することも可能です。

注意点としてはソーラーパネルを使ってる以上、強い衝撃には少し気を付ける必要があります。
それから、晴天の太陽光と曇天では当然フル充電までの時間が違ってきます。
このようなデメリットもありますが 、現在は3000円前後で入手できるようですので、ほぼ全てのスマートホンで使いまわせるし、かなりコストパフォーマンスの高いバッテリーです。

この商品の通販サイトでのフルの正式名称は、「PowerGreen モバイルバッテリー 10000mAh ソーラーチャージャー パワーバンク 防水 2USBポート iPhone&Android対応」。
物凄く長いです。

バルミューダの「ザ・トースター」はドン・キホーテで買え!

家電

私、家電、大好きです。
独身の頃は、かなりこだわっていて最新家電を買い替えていました。
流行を追っていたんですね。

今でも好きですが、結婚してからは落ち着きました。
お小遣いもあるので自由に使えないようになったせいもあります。
そのバルミューダ、トーストが絶品の「ザ・トースター」と呼ばれる製品があります。

アマゾンで値段を見ると26000円ほどでした。
定価でしょうか。
それが、かなり安く買えるお店があります。
その店では、21000円ほどでした。

その店は、ドン・キホーテ。
ドン・キホーテでも、MEGAドン・キホーテと呼ばれる店舗がありますが、そこで置いてあり、驚きました。
「あれ?ドン・キホーテでも扱ってるんだ」と思ったんですね。
そして、値段を見て21000円。
あれ!これってかなり安くないかな?と家に帰ってきてから値段を調べました。
やっぱり安いです。

バルミューダのトースターは高額商品なので、なおさら値段の安さがわかります。
コストコなどでも安いでしょうか。
5000円の値引きってセレブの人にはどちらでもいいお金なのかもしれませんが、庶民にとってみると違います。
バルミューダを買いたいなら、ドン・キホーテに行ってみるのもいいのかもしれませんよ。